<   2016年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

石垣修理

久しぶりの大型古民家メンテナンスです。
このくそ忙しいときに。もうっ!
でも、時間を作り、直すしかない!
b0274728_1533468.jpg

4日前ぐらいの突然の局地的豪雨。大量の雨が一度に降って地面に溶け込む以上の雨でオーバーフローした水が、家のむろ(いも壺)の中に押し寄せ、石垣が崩れた模様。
b0274728_1543839.jpg

このいも壺の石垣は、古民家再生したときも一度直しました。
その時のブログ→
http://kouchi1226.exblog.jp/20907747/

再び、今回は直したとこのとなりが完全に崩壊。またもや、柱が宙に浮いてます。
ほんま早く気づいてよかった。
知らずに、ほとっいてとどんどん崩れても嫌だし。
b0274728_15162075.jpg

とりあえず、石と土を分けながらどかし、きれいにしてから石を積み上げていきます。
石垣や法面(斜面のこと)は勾配が急なほど、崩れるリスクは当然高くなりますから、勾配をなだらかに石を積み上げていきました。石の積み方はまったく知りませんが、ピタっとくる感覚で積みます。しかし、当然、法面がなだらかになる分面積も増えるので、石の量も前よりたくさん要ります。
そして、小さな石よりも当然大きい石のほうが強いし頑丈です。家の周りから大、小の石を集めました。それを感覚で積んでいき、半分過ぎたとこで、補強に柱を一本加えました。今回はあの3トンのジャッキがないので、軽トラのジャッキ2個で柱を浮かせ。石をはめ込みなんとか無事に直すことができました。いや~久しぶりの大型補修で焦りましたが、上手くでき良かった。
b0274728_15173786.jpg

b0274728_152029100.jpg

お山の宿 みちつじも築100年ですので、日々メンテナンスと隣り合わせです。いつも、家を見ています。僕には古民家再生した経験があるので、今回も昔を思い出しまぁまぁ楽しくできました。
でも、実はまだまだ直さないといけないところばかりです。雨がいも壺に入り込むのも雨どいが壊れているのも原因だし、周りの草木も剪定しないと台風で折れて家を壊すかもしれません。大げさかもしれないけど、家を守らないと生命にもかかわると思うので、自分の家のまわりの補修はかかせません。僕はそれを一人でやって考え悩むことが楽しいし。自分が磨かれます。
b0274728_15213149.jpg

b0274728_15224790.jpg

家を守るということは古民家に限らず、みんな同じだと思います。
家のこともっと見てあげよう。
夏は仕事も子供と遊ぶのも家の事も全部やらんといけん。頑張ろう!


にほんブログ村
[PR]
by qqd87htd | 2016-08-01 15:28 | お山の宿みちつじを作る | Comments(0)