<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

看板作り

お山の宿 みちつじはその名の通り山の中にあるので、
宿泊のお客さんが時々迷われることもあって、このたび看板を新しく作りました。
b0274728_1755245.jpg

前の看板は今の看板よりもさらに小さくて、目立ってなくて地元の方からも指摘を受けておりましたので、今度はもっと良いのを作ろうと心に決めていました。
前に隣の集落の古民家解体のさいに床板に使っていた長い板材が手に入ったのでそれを看板にしようと思いました。
b0274728_17573123.jpg

大田口カフェのスラジにトリマー(木材を加工する道具)借りて、文字を印刷してそれを板に張り付け、機械で掘って文字を彫り上げました。
b0274728_1813024.jpg

彫り上げてみて防腐剤を塗布したら文字が目立たなくなったので、周りを白で塗りました。
看板としてうまくいったかはこれからお客さんの反応が気になるところですが、
なんでも自分の手でやってみたいやりたいと思うし、それがこだわりで生き方だし自分のしたいことだから、自分で自分に納得ができる。
b0274728_1823643.jpg

『お山の宿 みちつじ』へアクセスは大豊ICから約25分、国道32号線沿いを高知方面から徳島方面に走っていると
左側に広い路肩があり、コカ・コーラの自動販売機があります。そこに永淵神楽の大きい看板と作った看板があって山に上がる道があります。
b0274728_17584754.jpg

そこからは要所に立て札もありますので目印に上がって来てください。
b0274728_17593480.jpg

 

にほんブログ村
[PR]
by qqd87htd | 2016-02-26 20:02 | 手作り | Comments(0)

みちつじオリジナル パン釜できた!!

前々から計画していたパン釜出来上がりました!!!
b0274728_19203937.jpg

予定通り春までに作り上げることができましたが、いろいろしながらなので作業中の写真はとれませんでしたので完成形をお披露目です。
b0274728_19213190.jpg

お山の宿 みちつじオリジナルのパン釜はたぶんこんな作り方してる人はいないと思う。
b0274728_19221845.jpg

単純に以前使用してた薪ストーブをレンガで覆う構造。
僕が考えたわけですが、これで果たしてできるんかと未知でしたが多分パン釜になるはず・・・??
と、半分かけで作りました。
b0274728_19234988.jpg

でも、耐熱ガラスを付けたのはこだわりです。
耐熱ガラスは前職のガラス屋のときに頂き物。
耐熱ガラスは高価なものなのでとてもラッキー!
五右衛門風呂の時でも使おうかと思っていましたが、この時を待っていました!
ガラスで中の様子が見えるので出来上がり具合がわかって便利です。
b0274728_19244722.jpg

材料はレンガ100個、コンクリブロック5個と煙突でしたが一万円とちょっと。
b0274728_1925383.jpg

ステンレスのふたは壊れた太陽温水器を切ってつなげて加工して作りました。
太陽温水器も壊れても何かに利用できるのでバラバラにする次いでに再利用。
太陽温水器のおかげでパン釜は出来たといっても過言ではないです。
b0274728_19261880.jpg

b0274728_19265394.jpg

そして、試作のパンを焼こうということで。

お山の宿 みちつじの女将まやつの登場 ピザ生地パン生地を作ってもらって焼いてみました。

果たして思ったように温度が上がるか??なにもかもが初めてなことで、どうなるか。
そんなことには慣れてますが、最悪、作ったものを破壊するまで考えてました。

薪も僕らにとっては貴重なのですが、運のいいことに最近、近所で大工さんが「廃材いるか?釘だらけやけど」と、廃材は薪としてはグレードが下で家では使わんでもいいので、パン釜にはええやん!

たっぷりもらってどんどん燃やす、すぐに100℃に到達。でもなかなか200℃にならんので薪ストーブの上のふたを開けてみた。そしたら230℃まで上がったけど。やっぱり窯の中がすすだらけで、煙が充満してる。パンを焼くのにオーブンメーターを買ってみたが、下と上とでは温度が違うし、あまりあてにならん、やはり、現物「パン」を見ての判断が一番良いと思います。

まず手始めにピザを焼いてみた。10分でかりかりに焼けた。これは米粉のピザ。
b0274728_19274768.jpg

今回は初めてで一枚づつ焼いたが、パン釜の構造は二段あるのでうまく焼ければ上と下でもっとやけるはず。
b0274728_19283029.jpg

続いて、ピザピザピザ。けい君も「あち~あち~」といいながら見ています。

そして。パンを、今回は丸パンを焼きました。
b0274728_19292272.jpg

温度が200℃ぐらいに保ちやっていましたが。熱が直接来る下が焦げてしまいました。
レシピよりも3分ほどはやく出しましたが、中までほくほくにできていました。
b0274728_19295587.jpg

b0274728_19302610.jpg

b0274728_1931792.jpg

薪ストーブのふたを開けていたせいでパンも少しすすをかぶってしまいました。
b0274728_19314398.jpg



今回、初めてのパン釜試作でしたが、パン釜事態はこれで焼けることが分かりました。しかし、一時間前以上から十分に窯をあたため、パンを入れるときはふたを閉じてすすがつかないように焼くこと。そうすればもっと上手くできるんではないかと思います。
b0274728_19322816.jpg

あと重要なことパン釜も五右衛門風呂も使っていたら朽ちる、常にメンテナンスは頭の中に必要。
ずーっと使っていたらモルタルでは熱には耐えられないと思う。
b0274728_19352134.jpg

それにしても今回パン釜を作ったけど
二月でまだ寒いけど、こうやって外で火を焚いてパンを作ったり
、ピザを焼いたりとかうまくいかんくても、多少すすくさくても、当たり前にオーブンで焼くピザよりパンよりも楽しい。

やっぱり外キッチンいいね。

今後またやりたいと思います。みちつじは宿ですので。是非、パン釜ご利用下さい。

こんなんばーやりたい。
b0274728_19332542.jpg



b0274728_22412915.jpg

にほんブログ村
[PR]
by qqd87htd | 2016-02-19 19:36 | みちつじの日々 | Comments(0)

岡田造園の岡田さん

岡田さん一家は高知県大豊町の地域おこし協力隊をへて、その後も大豊町で生活をされています。

僕たちと岡田さん家とは子供が同い年で、そうくんそうたくんと名前まで似てて、とても仲良し。
家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いてます。
b0274728_22222595.jpg

僕たちが住んでいる永淵集落より少し西の吉野川をはさんで向かいの岩原集落に住んでいます。車で10分ほど。まぁこの辺りでは、友達の家だと近いほうなのです。
b0274728_2222139.jpg

そんな岡田一家が引っ越しをするので手を貸してほしいと話があり、最近お手伝いをさせてもらいました。引っ越し先は隣の家なんですが、まぁ荷物をすべて移動するのは近くても大変ですね。
b0274728_22212379.jpg

岡田さんに僕自身が興味があるのは前職の経験を活かしは大豊町で造園業を始められたこと、そして自分で仕事を開拓し、生活をしているということ。

僕は勝手に似ている境遇だと思っているので、お互い頑張って生こう。
よろしくお願いします。
[PR]
by qqd87htd | 2016-02-08 22:48 | 高知生活 | Comments(2)

鹿の毛皮なめし

また鹿の毛皮なめしてます。

しかし、手間かかります。皮をなめすには根気しかない!
b0274728_2240268.jpg

試作の数だけが増えましたが、納得のいくものはまだまだできません。
b0274728_2241171.jpg

いろんな要因があります。一番は根気!二番はなめし剤の調合、三番は運、動物単体で出来上がりが違うし温度や湿気にも左右されるのかも。でも一番は根気で、とにかく油をきれいに落とすこと、それには専用の台と専用のナイフが必要ではないのか!?

b0274728_22412915.jpg

にほんブログ村
[PR]
by qqd87htd | 2016-02-08 22:42 | みちつじの日々 | Comments(2)