カテゴリ:DIY( 4 )

土壁作り 

四国の真ん中 高知県大豊町で『お山の宿 みちつじ』と言う 古民家宿をやっております。

以前、土壁の作業をブログに書きましたが、今回は土壁を作った工程を載せようと思います。

b0274728_22595162.jpg

古民家宿ですので、もちろん土壁がたくさんありました。
その大部分は崩れたり、土壁の上から板を補修してあったりと、修繕はおこたれませんでした。
b0274728_2303946.jpg

土壁の作り方などは特に調べあげずに、だいたいこんなもんだろうと思ってやりました。
とりあえず、やってみました。
とりあえずやるが、最大の前に進む方法かも。正確ではない性格です。
b0274728_2312688.jpg

まず、材料になる赤土を取りに行きました。地元の方の紹介で、赤土の取れる、場所を教えてもらい、許可をもらって赤土を頂きました。赤土を取りに行ったのはこの時だけで、スラジさんと二人、軽トラ2台分、たっぷり積んで帰りました。
b0274728_2331447.jpg


b0274728_2334941.jpg

もう一つの材料が藁。藁はたまたま、みちつじの作業中に隣のゆず畑に藁を敷いている近所の方が声をかけて下さり、土壁の事などを話しているうちに、「お米作っているから、藁あるで~やるよ~」とナイスなタイミングで藁が入手できました。こんな事もあるんだな~とラッキーな気持ちになりましたが、快く藁をくれたおっちゃんに本当に感謝です。
b0274728_2344077.jpg

そして、持って帰った、赤土と細断した藁を混ぜ、水を注ぎながら、こねくり回していきます。この時に面倒ですが、小石を出来るだけ取り除いておく事が、後々、塗りやすいし、良い土壁になると思います。練り上げていくと見る見るうちに大きな粘土の塊みたいになります。これが、ほんとにしんどくて、思った以上に重量があり、大人二人でも息が上がります。しかもまだ冬だったので水も冷たくて、生足で混ぜまくりました。
b0274728_2353019.jpg

適度に混ざり合ったら、ブルーシートにくるませ、一か月寝かせました。
一か月後、どうなっているかブルーシートを開くと、ぷ~んと藁が発酵した匂いが漂いました。
たぶん、いい感じじゃね。とみんなで土壁を壁に塗りたくりました。
b0274728_2363553.jpg

土壁を塗るのに、下地に竹駒井が必要なので、壊れているところは、直しつつ塗って行きました。
b0274728_2372396.jpg

塗り終えると、日に日に乾いていき、徐々に土壁にひびが入って行きました。
b0274728_238657.jpg


b0274728_239290.jpg

軽トラ2台分赤土を取ってきて、一台分づつ作り、二回目も作りました。一度に作れる量は軽トラ1台分の赤土がベストです。かなり量はあるので。塗り始めると、6㎡~8㎡ぐらいでなくなりました。

b0274728_23102644.jpg


にほんブログ村
スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by qqd87htd | 2018-01-16 17:14 | DIY | Comments(0)

お山の宿 みちつじ 野外キッチン作ってます2

以前から手がけている野外キッチンですが、赤土かまどが出来上がりました。
b0274728_204062.jpg

宿を始める前から赤土でかまどを作りたいと計画はあったのですが、いろいろとするなかでかまどを作る優先順位がやっと回ってきたので、ついに作ることが出来ました。

赤土はぜんまいを茹でる大型かまどを作ったときの、赤土を頂いていたのでその赤土をざるでこして、滑らかな赤土だけをとりわけて、藁も前にもらったのがあったので、それを刻んで赤土と混ぜました。
b0274728_2055698.jpg

他にも石灰や漆喰もまぜるのもかまどには、耐久耐火性がよくなるらしい。

今回は他のも用意できなかったのでセメントと砂も少し混ぜて作った。

3回に分けて、下塗り、中塗り、仕上げ塗りとしましたが、塗ると言うよりも、粘土を練って3回に分けて形成したと言ったほうが正しい。

そして、今日初めて、火入れをしました。
b0274728_2081189.jpg

火入れも粘土を形成させるたびに火入れもしたほうが良いみたいですが、けっこう固まるので今日初めてしてみた。

野外だし、煙突もないかまどだから、煙がやっぱりすごかった。けど、羽釜に入れた水もすぐに沸騰したし、いい感じに火の勢いも良かった。

これで、外で薪で炊く羽釜のご飯もたべれますよー!
b0274728_2095639.jpg

それと、地元の人にもらった上下だけ製材した杉の木を使って、BBQ用テーブルも作ってみた。

これから、暖かくなってきて、野外で食事も増えるので是非、活用してもらいたいです。
よろしくお願いします。
[PR]
by qqd87htd | 2015-03-08 20:11 | DIY | Comments(0)

お山の宿 みちつじ 野外キッチンを作ってます

毎日がはやてのごとく過ぎ去って、自分なりに毎日の成果を楽しみながら過ごしています。
今日はこんな事が出来たとか、今日は何も進歩がないとか。いろいろ思いますね。
b0274728_22475013.jpg

みちつじにはキジも出没しております。

それにしても、近頃は初春を感じることができるほど暖かい日が続いてます。

ほんとの春はもう少しです!

ところで、『お山の宿 みちつじ』は更なるDIY、手作りで野外キッチンを自作しています。

みちつじに来たことがある方は大体の場所が分かるかもしれませんが、
みちつじのはなれの前にバルコニーを廃材で作り、バルコニーを屋根にするように
その下にかまどやピザ釜などを作る予定です。
バルコニーは完成して、子どもたちの遊び場が増えました。
b0274728_2251386.jpg

b0274728_23114773.jpg

野外のBBQテーブルなども作って、夏にはぴったりの野外ディナーを楽しめるんじゃないかなと思います。

一人で、いろんな仕事の合間にやっているので、かまどとピザ釜にはまだだいぶかかりそう。

どうやってやるか考えて、しかも廃材でお金かけずにがモットーですし。

また、出来具合をブログで更新して行こうと思います。
b0274728_23144035.jpg

[PR]
by qqd87htd | 2015-02-22 22:30 | DIY | Comments(2)

息子に贈ったもの

初ブログ。

息子が生まれてから、この2年半年いろいろと作ったもの紹介します。

一番最初に作ったのは、庭の木で作った「汽車ぽっぽ」。これは、生まれる前に作ってたんだよね。
百均で磁石を買って、くっつくよーにしたよ。

初めて遊んでくれたときは嬉しかったなぁ。

b0274728_20321872.jpg


今じゃあぶん投げて、時々直してます。

次に大五郎のゴロゴロ

b0274728_20461872.jpg


名称は僕が適当に付けたんで気にしないで下さい。

ほぼガラクタ入れ専用。

三番目はちゃんと本を見て、作りました。小物入れ椅子。
一応、五才用の大きさなので、まだ二歳の息子にはでかい椅子だからほぼ椅子としての活用は今のとこありません。おもちゃ入れて遊んでます。

b0274728_213276.jpg


柵。
これは今じゃ出番なし、どう処分しよーかなと思ってます。障子の廃材を蝶番で繋げただけ。
ハイハイしてた頃は少しは活躍したかな。

b0274728_2133423.jpg


棚、おもちゃ箱
奏くん(息子の名前)のおもちゃが増えてきたので棚とおもちゃ箱を作りました。
この場所が彼の遊び場なんです。

b0274728_2165544.jpg


そして一番本人も活用してくれてる子ども用ベンチ。

b0274728_2182743.jpg


これに座っていつもご飯食べてくれてます。


こんなとこですが、ほとんど廃材で作ったのでローコスト。その点だけは嫁も絶賛かな。
他にも、載せられないほど適当に作ったものもありますが。
紹介したものも大して立派なものではないけど、もしかしたら、いつかはなくなってしまうかもしれないので、記録として残しておこうと思います。

b0274728_2114134.jpg
b0274728_21142980.jpg

[PR]
by qqd87htd | 2012-10-19 21:18 | DIY | Comments(0)