自家製肉で燻製作り

ブログの更新をかなり怠っていました。夏も過ぎて、一仕事終えた感じです。
b0274728_15014150.jpg
秋が近づいて来まして、お山の宿 みちつじの仕事に加え、いのしか工房おおとよの仕事も手伝っています。
秋になると鹿の捕獲も増えてきますんで。自分のためにもえっさほいさと2足のわらじでやって行きます。

いのしか工房の北窪さんから「だいちゃんも燻製に励め」と言う事と、燻製作りは前回、初めてやってみて、奥が深く、美味しいし、面白いし、食材としても保存が効いて助かるし、今後の宿の売りにもなるので前々から、いつやろうかと考えていました。

今回一番燻製にしたかった理由がうちのにわとりさんです。以前、近所の方に「卵うまんなったからいる?」と言われ、もらえるもんはもらう主義からもらって、畑耕し要員として活躍、&ペットとしていましたが、今まで大丈夫だったけど放し飼いなので、季節がら獣に襲われてしまい、そろそろさばかないとと思っておりました。
毎度、放し飼いの自家にわとりはさばくと、肉は硬く調理にいつも億劫なので、試しに燻製にしてやろうと思っておったのです。

今回は大量です。

にわとりをまるごと、さばいてすぐ調理。新鮮です。写真にはないけど+2羽います。
b0274728_14552808.jpg
半分は鶏ガラスープにとりました。
b0274728_15003406.jpg
鹿の前足をまるごと。
b0274728_14562614.jpg
以前にもらっていた猪のブロックはベーコンに、鹿のすねは初めての試み。
b0274728_14571266.jpg
あとは、鹿肉がたくさん。
b0274728_14575836.jpg
今回は味付けも頑張ってみた。塩漬けはたて塩と呼ばれるやり方、塩のほかにいろいろ味付けしてます。
3日間漬け込みです。

3日後→塩抜き→風乾3日間→燻製おおまかですが。
またブログ更新していきたいです。









[PR]
by qqd87htd | 2016-10-04 15:02 | 手作り | Comments(0)


<< じいばあに会いに。 室戸、徳島旅行 >>